Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

池袋の街をYouTubeアニメで再現。世界に発信しインバウンドの知名度アップにつなげる

東京都豊島区は、アニメグッズ専門店「アニメイト」と共同で、訪日客などに池袋の魅力をPRするアニメを制作しました。

このアニメ制作は、訪日客が増加するであろう2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、ブランド力向上施策の一環です。

同アニメは、実在する池袋の街をアニメで再現しており、自由に生きる住民達が表現されています。また、来年夏にオープン予定の複合施設「ハレザ池袋」も登場。クオリティの高い一つのアニメ作品として、注目を集めているのです。

日本のアニメが好きな外国人は多く、豊島区は世界にも通じる日本のカルチャー文化で池袋にインバウンドを呼び込みます。

制作したアニメは、YouTubeで世界中に広く発信

今回制作したアニメは、動画投稿サイトYouTubeの区公式チャンネルで国内外に広く発信する予定です。また、アニメイト各店でも視聴できます。

内容は、池袋に着いた少女がフクロウから変身した男子に導かれながら街を一望するというもの。自分らしく生き生きと過ごしている住民を見て、少女も新しい舞台へ踏み出していきます。

「誰もが主役になれる街・池袋」をテーマに描かれたこの作品は、「魔法少女まどか☆マギカ」などを手がける株式会社シャフトが制作。脚本は、「弱虫ペダル」などの数々のヒット作を生み出す吉田玲子さんが担当しています。

豪華な製作陣で挑む今回の池袋PRアニメは、目の肥えたアニメファンにも通用するクオリティといっても過言ではありません。動画再生数の伸び次第では、予想を上回る発信力が期待できます。

池袋は、今や秋葉原と並んで日本のポップカルチャーを楽しめる街として栄えています。アニメイト池袋本店をはじめ、周辺にもアニメ関連の専門店が多く立ち並び、外国人観光客らの人気スポットになりつつあるのです。

豊島区は、今回の池袋PRアニメで日本文化の素晴らしさをアピール。さらなるインバウンド需要を取り込みます。

池袋におけるその他のインバウンド施策について詳しく知りたい方は「2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す」をご一読ください。

参考:https://www.sankei.com/region/news/190119/rgn1901190045-n1.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンド需要の拡大に伴い、免税店でのラウンド業務などを代行する新サービスが開始

  2. ホームシェアリング施設「SAKURA」がオープン。ユニークな空間で国内外からの顧客を呼び込む

  3. メイドカフェキャストの頂点を決めるコンテストが開催。英語による接客項目でインバウンドも視野に入れる

  4. ドコモ・インサイトマーケティングが2月の訪日客数を発表。前年と比べて全体的に好調な推移

  5. インバウンド旅行消費額の向上を。政府の2020年目標に向けて様々な課題が打ち出される

  6. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

  7. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  8. 岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP