Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ツアープランとガイドを選べる旅行サービス「otomo」がスタート。何度でも楽しめる旅を提案

コンサルティング事業などを行うotomo株式会社は、インバウンド向けプライベートツアー「otomo」を正式にリリースしました。

このサービスは訪日客がツアープランを予約し、案内役のガイドまで選べるサービスです。ガイド側も対応できるかどうかの可否を選択でき、可能であればツアーの予約が成立します。

ツアープランは約150種類以上を選択可能です。
主に、

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉

の関東圏1都3県がツアーの対象になります。

このツアーサービスは、2018年2月よりガイド登録やツアー予約を試験的に行い、テストマーケティングを実施。様々な実証データを元に開発を進め、今月22日から正式にサービスを開始しています。

ガイドの報酬は本人が設定可能、スキルがあれば資格を問わずに登録できる

これまで通訳案内士は、国家資格を持つ人のみが有料でガイドできる法律がありました。しかし、2018年1月に施行された「改正通訳案内士法」により、資格がなくても有料で通訳ガイドができます。

今回のツアーサービスに登録できるガイドも、18歳以上で一定の外国語スキルを有していれば、国籍や職業、資格を問わずにガイド登録が可能です。

ガイドの報酬は時給制となっており、1時間1,000〜10,000円の範囲でガイドが自由に設定可能です。

報酬の設定は、

  • 旅行ガイドの実績がある
  • あまり誰も知らない穴場スポットを案内する

といったガイド自身の付加価値がポイント。

ツアー料金は参加人数に関係なく一律であるため、選択するガイドによって料金が変動するところがこのサービスの醍醐味です。同じツアーでもガイドによって趣向が変わり、訪日客は何度でもツアーを楽しむことができます。

今後も、関西圏を含めた13都道府県を視野に入れ、対応エリアやツアープランを拡大する方針です。otomoは、ツアーガイドを選択できる独自性で訪日客を取り込み、地域の活性化に貢献。それに加えて、外国語スキルを持つ人材の活動する場を提供します。

ツアーガイド登録のきっかけとなった通訳案内士法の改正について詳しく知りたい方は「2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4024152020012019FFR000/

 

[anamedia]

関連記事

  1. 徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

  2. 東京モノレール周辺で訪日客の「旅ナカ」を支援する実証実験が開始。アプリやシェアリングサービスを利用

  3. 舞鶴市と韓国間を結ぶ国際フェリー、試験運航で訪日客の増加を狙う

  4. 「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」優秀賞受賞!~人気コンテンツ「温泉むすめ」コラボ企画~…

  5. JAFが日本のドライブルールを解説する動画を作成。6種類の言語で解説

  6. 日本の観光資源を映画化し、海外へ発信するソリューションを提供

  7. 九州電力がインバウンド誘致事業を開始。自治体や地元企業と協力

  8. JR東日本、仙台駅にインバウンド向けの案内所を開設。多言語対応などで訪日客の観光をサポート

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP