無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

国内ホテルで禁煙化の動きが加速。訪日客のニーズ上昇が理由か

日本国内のホテルで、全室を禁煙にする動きが広まっています。その背景には喫煙率の低下や、訪日客における禁煙志向の高まりがあります。

今回の記事では、国内ホテルの禁煙化についてお送りします。

禁煙室のニーズが高まり、大手も対応に動く

ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)は、昨年度の禁煙室の平均稼働率を発表しました。それによると、禁煙客室の稼働率は喫煙客室の稼働率を2.7ポイント上回り、慢性的な禁煙室不足になっていたのです。

他の直営ホテルでも同じような状態で、同社の広報担当者は「特に訪日客のニーズが高い。東京五輪などに合わせ、増やしていく」と語っています。

同社が2020年初春に開業予定の「ヨドバシ梅田タワー(仮)」をはじめ、直営6ホテルも全室禁煙にする意向です。

阪神阪急ホテルズは23日、全国の直営18ホテルのうち15ホテルを、今年8月末までに禁煙化すると発表しました。このように、大手のホテル会社が次々と禁煙化に動いています。

宿泊特化型のホテルでも禁煙化が広がる

宿泊特化型のホテルでも禁煙化が広がっています。例えば、

  • ダイワロイヤルホテルグランデ京都
  • クロスホテル京都

などでも、全室を禁煙化しました。

日本たばこ産業の調査によると、平成30年5月時点の推計喫煙人口は前年比37万人減の1880万人で、喫煙者率は17.9%でした。

参考:https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/2018/0730_01.html

喫煙者率はピーク時の49.4%に比べると4割程度になっています。今後もたばこ離れは進み、ホテルの禁煙化も広まる見通しです。

インバウンドの集客をしたい宿泊施設は、禁煙化を検討してみてはいかがでしょうか。

インバウンド業界における喫煙問題については「首都圏自治体、五輪に向けて受動喫煙対策を検討」でも紹介しています。

参考:https://www.sankei.com/west/news/190123/wst1901230045-n2.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 「CARROZZAレンタカー」がじゃらんに掲載。SNSでのキャンペーンも延長

  2. インバウンド向けのレンタカーサービス開始。観光施設との連携で新たなサービスを展開

  3. 「八王子まつり」山車情報を多言語化したサービスを提供。IoTやGPSを利用した情報発信で地方創生へ

  4. ANA、特別機内食に世界初の米粉パンを提供。アレルギーや宗教などに対応、誰もが楽しめる食事に

  5. 国土交通省、訪日クルーズ客へツアーを提供する地域に支援。多様化するニーズに対応

  6. 厚生労働省が外国人受け入れの医療機関を増設。多言語への対応が迫られる

  7. AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能

  8. 世界遺産の街・姫路に「城下町100%体験」お座敷カフェラウンジをつくる!

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP