• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

伊予鉄タクシーが「Pay Pay」を導入。インバウンド対策として注目

愛媛県の伊予鉄タクシーが、電子決済サービスの「Pay Pay」を導入し、1月28日からサービスを開始しました。

今回の記事では、伊予鉄タクシーの取り組みと、スマホ決済サービスの普及についてお送りします。

インバウンド対策としてスマホ決済サービスは必須

今回、伊予鉄タクシーが「Pay Pay」を導入した目的は、インバウンド客に対応することです。世界ではキャッシュレス化が進んでおり、特に中国や韓国のアジア圏ではその傾向がはっきりしています。

日本は世界と比べてキャッシュレス化が遅れているのが現状で、様々な企業が対応を迫られています。観光都市では急ピッチで電子決済サービスが普及しており、インバウンド客に快適な買い物を楽しんでもらおうと試行錯誤しています。

そんななかで、伊予鉄タクシーは約100台のタクシーに「Pay Pay」を導入。運賃の支払いをスムーズに行えるようにしました。

また、中国の決済サービスである「Alipay」も、2月末をめどに導入する見通しです。愛媛県でこのような取り組みをするのは、同社が初めてなので、注目を集めています。

スマホ決済サービス「Pay Pay」に注目

「Pay Pay」は、2018年10月からサービスを開始したスマホ決済サービスで、ソフトバンクとヤフーが合同出資したPayPay株式会社が運営しています。

  • 初期投資
  • 決済手数料
  • 固定費

などが無料で、アプリをダウンロードすればすぐに使うことが可能です。飲食店やドラッグストアなどで決済手段として普及しており、注目を集めています。

銀行口座やクレジットカードなど、支払い手段は自由に選べるうえに、支払い金額の0.5%がポイントとして還元されます。

伊予鉄タクシーと「Pay Pay」の今後の動きに注目です。

電子決済サービスによるインバウンド対策については「“松山空港ビルがインバウンド集客に向けて改装。免税店の拡充や電子決済サービスの導入を予定」でも紹介しています。

参考:https://bitdays.jp/news/19057/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

この記事と併せて読まれている記事

  1. 大阪市西成区の新築マンションが即日完売。インバウンド需要アップの影響か

  2. 会津若松市がサムライをテーマにしたツアーを展開。オリンピック観戦に訪れた訪日客を呼び込む

  3. JR東日本とトヨタ自動車が東北のレンタカーキャンペーンを拡充。お得なプランや商品で観光客を誘致

  4. 株式会社Airporterが3,000万円の増資。手荷物配送サービスのさらなる普及に尽力

  5. 川崎市ハロウィンイベントのインバウンド対策。小型翻訳機など取り組みに注目

  6. 太平洋岸自転車道の整備が本格化。インバウンド誘致にも奏功か

  7. 日本政府観光局が2020年4月の訪日外客数を発表。東南アジア4ヶ国からは160人ほど訪れる結果に

  8. JIMCが新型コロナ終息後の中国人旅行者について調査。約8割が訪日を計画する見込み

秩父でキャッシュレス化を普及する動き。QR決済を観光施設や交通機関などに導入

レストラン予約サービス「JAPAN Trip Navigator」リリース。訪日外国人向けの予約アプリに注目

PAGE TOP