Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

インバウンド旅行消費額の向上を。政府の2020年目標に向けて様々な課題が打ち出される

政府は、2020年のインバウンド目標に「訪日外客数4000万人」「旅行消費額8兆円」を掲げています。中でも訪日外客数に関しては年々数値が伸びていることに加えて、2018年には初の3,000万人を突破しており好調です。

出典:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数 2003年〜2018年」 https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf

対して旅行消費額は約4兆5,000億円と、目標達成のためにはまだまだ課題も多いです。2018年の推計値から、訪日客1人あたりの旅行支出などを参考に今後の課題に取り組む必要があります。

政府はインバウンド誘致や観光事業の拡大に明確な方針を示し、インバウンド経済の発展を促すことが求められています。

旅行消費額は1人あたり20万円が目標

2020年の訪日客数4000万人に対して旅行消費額8兆円を達成するには、単純計算で訪日客1人あたり20万円ほどの旅行支出が必要です。

2018年の旅行消費額を見ると合計で4兆5,064億円、訪日客1人あたりの旅行支出は15万3,000円の結果。目標に対して、1人あたり5万円ほどの上積みが求められます。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査 2018年全国調査結果」http://www.mlit.go.jp/common/001268656.pdf

国別の1人あたりの旅行支出は、

  • 韓国:7万7,559円
  • 香港:15万4,460円
  • 中国:22万3,640円
  • アメリカ:19万1,352円
  • イギリス:21万9,725円
  • フランス:21万5,733円
  • イタリア:22万4,268円

などの結果に。全体的に見ると、アジアよりもヨーロッパの方が1人あたりの旅行支出は多い傾向です。

前年比は全体だと−0.9%ですが、中国やロシア、タイ以外は全体的に伸びています。2018年から調査方法を変更したこともあり、前年比はあくまで参考値です。

アジア圏からの訪日客は、比較的距離が近いので滞在日数が少なく旅行消費額にも影響しています。滞在日数が長くなるヨーロッパなどの遠い地域へのインバウンド誘致が、今後の鍵を握るといっても過言ではありません。

これらのことから、欧米豪からの訪日客を誘致し平均的な滞在日数を増加することが課題に挙げられています。また、体験型観光や娯楽サービスによるコト消費の拡大で、訪日客の満足度アップに力を入れることも欠かせません。

政府の今後のインバウンド施策に注目が集まります。

クルーズ観光から学ぶインバウンド消費額アップについて詳しく知りたい方は「クルーズ観光のインバウンド課題「消費額アップ」のコツとは。那覇港の事例から学ぶ」をご一読ください。

参考:https://www.kankokeizai.com/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%9B%AE%E6%A8%99%EF%BC%98%E5%85%86%E5%86%86%E3%80%80%E6%BB%9E%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%95%B0%E3%80%81%E3%82%B3%E3%83%88%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%80%80/

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

  2. グローバルキャストと日本美食が業務提携。飲食業界のインバウンド対応を加速させる

  3. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  4. JR西日本が訪日客向けにネットでのきっぷ予約をスタート。さらなる利便性アップへ

  5. 成田国際空港でインバウンド向け動画を放映。壁に映像を流し、日本の魅力をアピール

  6. JR東海、QRコードを活用したチケットレス化を実施。訪日客のスムーズな駅利用を実現

  7. 日本茶専門店のインバウンドPR動画が公開。海外YouTuberと連携し日本茶の魅力を伝える

  8. チェス×有田焼。価格をおさえた普及版で伝統工芸産業を盛り上げる

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP