Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

国土交通省、訪日クルーズ客へツアーを提供する地域に支援。多様化するニーズに対応

 国土交通省は2019年度より、クルーズ船関連のインバウンド施策を行う地域への支援を開始します。支援する対象は、来航する訪日客向けに観光ツアーを提供している地域です。

主に、水上交通と地元の観光資源を組み合わせた施策であることが重要なポイント。クルーズ船で訪れた外国人客に、充実した観光プランを提案している地域をサポートする考えです。

 特にクルーズ船での来航は、一度に多くの乗客が訪れます。市内の観光へ向かう途中、交通渋滞などに巻き込まれると多くの訪日客が時間をロスしてしまうのです。

こうした不満を解消するため、寄港地でのツアーを充実させ観光の選択肢を増やすことが目的です。

主に環境整備や多言語案内板の設置にかかる経費を補助

 国土交通省の支援は、

  • 小型船舶を発着する場所の環境整備
  • 観光地へ案内板を設置

などの補助制度を作りクルーズ船まわりの施設を充実させます。

 観光ツアーにおいては、

  • 沖合の離島にマリンスポーツや観光施設を拡充し小型の船で移動
  • 船で川をさかのぼり歴史的な街並みがあるエリアを散策

などを想定してプランを構築。小型船舶を通して、貴重な体験を訪日客へ提供します。

 補助の対象地域は、湾岸管理をする地方自治体や船会社で構成される協議会などです。各団体からの公募で決定します。

 選出された地域は、

  • 多言語案内板の設置
  • 島の歩道の整備
  • 外国語に対応したツアー予約フォームの開設

などに取り組む場合、事業にかかる経費の3分の1を国が補助する予定です。

 一般的なクルーズ船からの流入は、寄港後は大型バスなどで市内観光に誘導することが多いです。しかし、訪日客の満足度を今まで以上に引き上げるには、多様化するニーズに応えることも重要です。

 国土交通省は、こうした細かい部分まで対策する地域に対してサポートする姿勢を示しています。近年増えつつあるインバウンド需要に対応するためには、様々な視点から対策を打つ意識が欠かせません。

 訪日客がより快適に観光できるよう、国と地域が一丸となってインバウンド対策を推し進めます。

訪日クルーズ客のデータや旅行消費額について詳しく知りたい方は「2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず」をご一読ください。

参考:https://trafficnews.jp/post/83260

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 日本百貨店協会、インバウンド施策に「PinnAR」採用。画像スキャン機能で利便性を高める

  2. JR東海、QRコードを活用したチケットレス化を実施。訪日客のスムーズな駅利用を実現

  3. プリンスホテル、「ナイトタイムエコノミー」への対応強化、夜間イベントを開催

  4. LINE PayがNever Payと連携。訪日韓国人の取り込みに意欲

  5. KDDIとギフティが訪日客へクーポンやギフトの配布実験を開始。データは今後のインバウンド対策に

  6. ぐるなびが訪日外国人向け災害情報サイトをリニューアル。位置情報を利用して情報提供

  7. 山梨県笛吹市、インバウンド向け観光サイト「THE PEACH CITY」を開始

  8. 日本茶専門店のインバウンドPR動画が公開。海外YouTuberと連携し日本茶の魅力を伝える

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP