Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

レストラン予約サービス「JAPAN Trip Navigator」リリース。訪日外国人向けの予約アプリに注目

JTB、ナビタイムジャパン、日本マイクロソフトの3社は、訪日外国人向けのレストランオンライン予約サービスを開始すると発表しました。

今回の記事では、同サービスについてお送りします。

レストラン検索予約サイトと連携。レジャー施設などのチケットも購入可能に

新サービスの名前は「JAPAN Trip Navigator」です。今回は3回目のバージョンアップとして、サービスをリリースします。

具体的には、訪日外国人向けレストラン検索予約サイト「日本美食」と連携して、訪日外国人に人気レストランの情報を提供した上で、直接予約できるようにしました。

さらに、JTBが日本人向けに提供してきたレジャー施設やイベントチケットの購入サービスとも連携し、レストラン予約ページから予約できるようになっています。

ユーザーの現在地や興味、関心から、観光スポット情報や旅のプランなどを検索できるようになりました。言語に関しても、英語に加えて中国語(繁体字)にも対応できるようにアップデートされています。

今後もアップデートを加えて、ビッグデータの収集にも役立てる方針

同アプリは今後もアップデートを加えて、訪日外国人が快適に旅行を楽しめるように改良していく方針です。旅行中はもちろん、旅行前から活用できるプラットフォームを目指します。

アプリで得られたビッグデータは、自治体や企業のインバウンドビジネスに活かしていきます。訪日客の誘客に課題を持つ自治体などの支援にデータを活用するのです。

大手企業が協力してアプリをアップデートする手法は、他の業種でも応用できるかもしれません。アプリ開発などに携わる方々は、今回のニュースを参考にしてみてください。

JTBのインバウンド対策については「“JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い」でも紹介しています。

参考:https://news.mynavi.jp/article/20190207-768450/

[anamedia]

関連記事

  1. ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

  2. 国内最大の商談専門展示会「HCJ2020」開催。インバウンド向け製品・企画が要点の1つに

  3. レオパレスホテルズがQR決済サービスを導入。増加する訪日客への対応を強化

  4. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  5. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

  6. 世界遺産の街・姫路に「城下町100%体験」お座敷カフェラウンジをつくる!

  7. 福岡県がFacebookでウェブ観光案内所を開設。旅マエ情報を充実させて訪日客を呼び込む

  8. ビジョン社とPayke社がWi-Fiルーターレンタルサービスで連携。快適なインターネット環境を訪日客…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP