店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

甲子園球場で「台湾デー」が開催。航空券が当たる抽選などでおもてなし

株式会社阪神タイガースと、阪神電気鉄道株式会社は、2016年から毎年行っている「台湾デー」を、阪神−楽天戦で行うことに決めました。今年は6月19と20日の2日間にわたって開催されます。

今回の記事では、甲子園球場における台湾デーに関してお送りします。

イベントを通じて野球観戦にもつながることを目的にした「台湾デー」

「台湾デー」は、2014年に映画「KANO」が台湾国内で流行し、多くの台湾人観光客が甲子園球場に訪れていることをきっかけに開催されています。

台湾人観光客のほとんどは甲子園歴史館に足を運びますが、「台湾デー」は歴史館だけでなく野球観戦にも興味をもってもらうために行われています。台湾人観光客以外のお客様にも、台湾の魅力を知ってもらうためにさまざまなイベントを開催予定です。

阪神電気鉄道は、このイベントが台湾観光に貢献したとして、台湾観光局から「2018年台湾観光貢献賞」を授与されました。1月には台湾の桃園メトロと相互連携協定を締結するなど、相互送客に取り組んでいます。

今年の「台湾デー」は無料航空券が当たるなど、さまざまなイベントが企画中

今年の「台湾デー」では、

  • 台湾観光局の特別リーダー「廼熊(Oh!Bear)」
  • タイガーエア台湾の「タイガー・フーちゃん」
  • コラボ仲間の「クロロ」

が、グリーティングや台湾グルメの提供などで活躍する予定です。

更に、関空−台北または関空−高雄の無料航空券があたるプレゼントナイターも実施予定です。こちらは球場に入場する際に配られるうちわに記された番号で、5回裏に抽選を行って当選者を決めます。2日間で100名に航空券があたります。

親日国として知られる台湾との間で催される今回のイベント。インバウンド集客やイベント開催のヒントになる要素が多いです。インバウンド関係者の方は参考にしてみてください。

台湾のインバウンド対策については「“台湾人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは、訪日メディアやブロガーの協力」でも紹介しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001568.000005180.html

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 目の前にいる訪日旅行者の声を聞く『訪日Myゲストリサーチ』提供開始

  2. 札幌商工会議所、インバウンド向けサイトやビジネス交流会を企画

  3. 2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

  4. LGBTツーリズムで東北を復興へ 六月よりLGBTツーリズムセミナーを開催

  5. JAFがインバウンド向け特設サイトを開設。訪日客に地方の魅力をアピール

  6. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  7. 谷中で豆腐、味噌からカレー、ビーガンラーメンや書道・茶道まで多彩な体験プログラムを用意【九条Toky…

  8. 訪日観光に関連する業界で設備投資が増加。インバウンドの利便性を強化

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP