Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

甲子園球場で「台湾デー」が開催。航空券が当たる抽選などでおもてなし

株式会社阪神タイガースと、阪神電気鉄道株式会社は、2016年から毎年行っている「台湾デー」を、阪神−楽天戦で行うことに決めました。今年は6月19と20日の2日間にわたって開催されます。

今回の記事では、甲子園球場における台湾デーに関してお送りします。

イベントを通じて野球観戦にもつながることを目的にした「台湾デー」

「台湾デー」は、2014年に映画「KANO」が台湾国内で流行し、多くの台湾人観光客が甲子園球場に訪れていることをきっかけに開催されています。

台湾人観光客のほとんどは甲子園歴史館に足を運びますが、「台湾デー」は歴史館だけでなく野球観戦にも興味をもってもらうために行われています。台湾人観光客以外のお客様にも、台湾の魅力を知ってもらうためにさまざまなイベントを開催予定です。

阪神電気鉄道は、このイベントが台湾観光に貢献したとして、台湾観光局から「2018年台湾観光貢献賞」を授与されました。1月には台湾の桃園メトロと相互連携協定を締結するなど、相互送客に取り組んでいます。

今年の「台湾デー」は無料航空券が当たるなど、さまざまなイベントが企画中

今年の「台湾デー」では、

  • 台湾観光局の特別リーダー「廼熊(Oh!Bear)」
  • タイガーエア台湾の「タイガー・フーちゃん」
  • コラボ仲間の「クロロ」

が、グリーティングや台湾グルメの提供などで活躍する予定です。

更に、関空−台北または関空−高雄の無料航空券があたるプレゼントナイターも実施予定です。こちらは球場に入場する際に配られるうちわに記された番号で、5回裏に抽選を行って当選者を決めます。2日間で100名に航空券があたります。

親日国として知られる台湾との間で催される今回のイベント。インバウンド集客やイベント開催のヒントになる要素が多いです。インバウンド関係者の方は参考にしてみてください。

台湾のインバウンド対策については「“台湾人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは、訪日メディアやブロガーの協力」でも紹介しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001568.000005180.html

[anamedia]

関連記事

  1. 家電をジェスチャー操作する実験が公開。IoT技術を活用したインバウンド対応に期待大

  2. 【地方出張歓迎】ユニヴァ・ペイキャスト、米子商工会議所・境港商工会議所でインバウンド受け入れ対策に関…

  3. 楽天が兵庫県豊岡市と協定を締結。地域経済の活性化やインバウンド需要創出に意欲

  4. 北陸など北関西をめぐるツアーが発足。レンタカーを活用した内容に注目

  5. 集まれ大学生!「釜石まつり」を通じて地域活性化「海の祭から地域の『ルーツ』を探るin釜石」参加者募集…

  6. 菅官房長官が二条城や伏見稲荷大社などを視察。インバウンド対策の拡大へ

  7. 観光庁が地域経済活性の支援ファンドを設立。さらなる観光遺資源の創出へ

  8. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP