Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

サービス業界の企業が集まる「HCJ2019」開催。今年はインバウンド向けの設備や商品も充実

 ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2019」が、2月19日から23日まで開催されます。場所は、日本最大の会議場である東京ビッグサイトの東展示棟です。

 「HCJ2019」は、

  • 国際ホテル・レストラン・ショー
  • フード・ケータリングショー
  • 厨房設備機器展

の3つの展示会から構成。宿泊施設やフード業界などから様々な企業が出展し、最新の設備やアイテムなどをお披露目します。主にサービス産業界の企業が集まり、商談を行う場として活用されるのです。

 今年はサービス業界の課題の中でも、

  • ナイトタイムエコノミーを含むインバウンドマーケットの更なる成長
  • 地方創生を支援する地域産品の国内外への展開
  • 次世代技術を活用したサービス産業の生産性向上や人手不足対策

の3点を重視して開催されます。

 国内だけでなく海外にも目を向けたサービスや商品で、インバウンド経済の発展が期待されます。

インバウンドに関連したサービスを数多く展示

 今回の展示会は、インバウンドや海外展開を意識したサービスが多く出展しています。その理由として、近年高まるインバウンド需要やそれに関連した経済効果が無視できないものになりつつあるからです。

 具体的には、

  • キャッシュレス設備の普及
  • 宗教に配慮したインバウンド対応食
  • 日本の名産品をPR

などです。ホテルやレストランなどのサービス業は、こうした訪日客のニーズに対応することで満足度アップを図ります。

 会場はテーマごとにホールや区画で分けられており、

  • 衛生関連の設備や用品がある「衛生・クリンリネス・食中毒対策」
  • AIやIoT、キャッシュレスなどの「サービス産業向け次世代技術EXPO&キャッシュレスTech」
  • 様々な食習慣に対応するアイテムを集めた「ナチュラルフードプロダクツ」

などのサービスが展示されています。

 別のホールでは、インバウンドに特化した「インバウンドマーケットEXPO2019」も開催。日本のお土産やIT機器、観光振興などの訪日関連のものが数多く出展されます。

 企業同士のマッチングスペースも用意されており、様々なインバウンド情報を得ることが可能です。

 インバウンドマーケットは年々需要が高まっており、今後も世界中から人が集まる東京オリンピックなどのビッグイベントが予定されています。

 今年の「HCJ2019」は、訪日客にとっても価値のあるサービス提供を目指し、業界全体でインバウンドマーケットを活性化することが目的です。

インバウンド対策を提供する展示会についてさらに詳しく知りたい方は「【2019年最新版】インバウンド関係の展示会4つ。イベントで企業とつながりを作って、対策の充実につなげる」をご一読ください。

参考:https://www.kankokeizai.com/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%A8%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%95%86%E8%AB%87%E5%B0%82%E9%96%80%E5%B1%95%E7%A4%BA-2/

[anamedia]

関連記事

  1. エスエフシーが通訳サービスアプリの代理販売を契約。沖縄県内の施設へ広めて、訪日客の利便性アップを

  2. 楽天トラベル、イニエスタ選手を起用したプロモーションを実施。欧州からの訪日客アップへ期待

  3. アイドルグループBNK48が阿蘇地域の観光大使に。タイでの地名度を活かして訪日客を呼び込む

  4. インバウンド向けデジタル広告などの市場規模に関する推計・予測データが公表。今後もさらなる伸びを見せる…

  5. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

  6. 免税電子化アプリをPARCOが導入。アプリ1つで免税手続きが可能に

  7. 公共エリアなどに無料Wi-Fiを整えるサービスをUSENが提供。快適な通信環境でインバウンド需要を高…

  8. 改装中の「渋谷パルコ」が11月下旬にオープン。訪日客向けの店舗などを設置し幅広い客層の獲得を目指す

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP