Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ

株式会社岩手銀行と凸版印刷株式会社は、国内外からの観光客の来訪を経済活性化につなげるため、キャッシュレス環境整備を目的とした連携をしました。

今回の記事では、両社の取り組みと、日本のキャッシュレス化についてお送りします。

2025年にはキャッシュレス決済の比率を40%にする見込み

経済産業省は『キャッシュレス・ビジョン』内で、2025年にはキャッシュレス決済の比率を40%にする目標を立てるなど、キャッシュレス社会に向けた機運が高まっています。今回の連携は、このような背景をもとにしているのです。

岩手県では、1月30日から花巻〜上海便が就航し、中国からの訪日客が増えることが予想されます。中国はキャッシュレス化が進んでおり、

  • Alipay
  • WeChat Pay

を普及させることが課題です。両社はこの他にも、

  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • インバウンドCLS

などのキャッシュレス決済サービスにも対応していきます。これらのサービスが普及すれば、日本でのキャッシュレス化も進むはずです。

岩手銀行と凸版印刷株式会社の強みを組み合わせてキャッシュレス化に対応

岩手銀行の強みは県内最大の金融機関であり、近隣地域に観光関連事業者にネットワークを持っていることです。それらの企業へのサービス提供を通して、地域経済の活性化に貢献できます。

凸版印刷には決済サービスはもちろんのこと、多言語対応など、企業のニーズに応える多彩なサービスがあります。

両社はそれぞれの強みを活かして、キャッシュレス化を推進していく予定です。具体的には、

  • キャッシュレス環境整備
  • キャッシュレス決済を軸にした送客

などを通して、岩手県の観光事業の推進と、地方創生をしていきます。両社の今後の動きに注目です。

東北地方のインバウンド対策については「仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲットに」でも紹介しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000173.000033034.html

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  2. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  3. 様々な業界でインバウンド向けの多言語対応や通訳サービスなどを実施。東京五輪に向けて各社が競う

  4. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  5. 京都でインバウンド客の子どもを預かるサービスが開始。水墨画など日本文化の体験も可能に

  6. イー・ビジネス「QRHOTEL」が宿泊施設での訪日対策に。WeChatとの連携サービスで利便性アップ…

  7. 京葉銀行がHISと提携。海外進出をする企業を支援

  8. ドコモ・インサイトマーケティングが2月の訪日客数を発表。前年と比べて全体的に好調な推移

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP