店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?

高校生が盆栽を使ったインバウンド向けツアーを商品化。海外での盆栽人気を受けて

愛媛県立土居高校の情報科学部などは2月25日、訪日外国人向けの学習体験型ツアーを商品化すると発表しました。このツアーは全国高校観光選手権大会でグランプリを獲得しており、3月に1泊2日でモニターツアーを実施します。

今回の記事では、同校の取り組みと、盆栽に関してお送りします。

地元特産「赤石五葉松」と盆栽文化の継承が目的

同校のプランは、「BONSAIの聖地へタイムスリップしてみませんか」という名前で、地元特産の赤石五葉松と盆栽文化を継承するために考案されました。3月23,24日の両日にモニターツアーを実施して、国内に住んでいる外国人を対象に参加者を募集します。

このプランには赤石五葉松盆栽組合とタビックスジャパンも協力し、インバウンド客を地域に呼び込もうと画策しています。

海外での盆栽の人気は上昇中

海外だと、盆栽は1970年代から人気を得ています。

特にイタリアでは根強い人気があり、1964年に「盆栽入門書」という本が輸出されてから愛好家が増えていきました。

イタリアでは1970年代から盆栽の輸入が始まります。そして80年代初頭には盆栽愛好会などができはじめ、今では日本にはない盆栽の専門学校まであるのです。盆栽の大会や盆栽展もさかんに開催され、日本以上の盛り上がりを見せています。

日本の盆栽の輸出額は、2001年には6億4000万程度だったものが、2011年には67億円まで増えました。日本にいるわたしたちの知らないところで、盆栽が大きな人気を得て、新しい市場を作っていたのです。

インバウンド対策をするうえで、盆栽は有効な観光資源です。気になる方は、参考にしてみてください。

日本文化を活かしたインバウンド対策については「安芸市が書道を体験できるモニターツアーを実施。日本の心を訪日客に伝える」でも紹介しています。

参考:https://www.sankei.com/region/news/190226/rgn1902260022-n1.html

関連記事

  1. 日本ユニシスと山陰インバウンド機構が連携、地域電子マネーなどで訪日外国人向けサービス開始

  2. 代金を割引して西日本の支援を。ANAの「でかけよう西日本」に注目

  3. 福岡観光の活性化を担う福岡オープントップバスを「WEDDING CONCIERGE JAPAN」がフ…

  4. KDDIとギフティが訪日客へクーポンやギフトの配布実験を開始。データは今後のインバウンド対策に

  5. 【インバウンド対策】ニセコにオーストラリア人を集めた方法とは?

  6. サービス業界の企業が集まる「HCJ2019」開催。今年はインバウンド向けの設備や商品も充実

  7. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  8. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP