Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

オタフクソースが「有機お好みソース」を発売。ヴィーガンなどの食制限のある訪日客に対応する

 広島県に本社を置く調味料メーカーのオタフクソース株式会社が、新商品として「有機お好みソース」の販売を3月1日から開始しました。

 この商品は「有機JAS認証マーク+日本ベジタリアン協会推奨のヴィーガンマーク」を取得しています。

 有機JAS認証マークは、農薬や化学肥料に頼らず自然の力のみで生産された製品につけられるマークのことです。農林水産大臣が定めた、品質基準や表示基準に合格したものだけが付けられます。

 ヴィーガンマークは、菜食主義者であるベジタリアンからさらに卵や乳製品、ハチミツなどの動物性由来のものを完全に避けた製品のこと。ヴィーガン(純粋菜食主義)の方でも安心して食べられるよう、ある一定の基準を満たした商品にのみ与えられるマークです。

 有機お好みソースは、食に制限のある訪日客やベジタリアンなどの幅広い顧客に対応します。

有機食品の需要やインバウンド需要に着目

 今回発売された有機お好みソースは、国内の有機・無添加食品の市場が伸びていることに着目して製造されました。

 具体的には2013年から2017年までに、

  • 調味料:105%アップ
  • 食品全体:108%アップ

という推移です。

出典:オタフクソース「有機、ノンフライ、乾燥3つの試みで、調理の選択肢を提案219年春夏新商品発売のお知らせ」https://www.otafuku.co.jp/corporate/news/detail/?t_id=85

 またインバウンド需要の増加により、例えばムスリムのハラルフードなど、宗教的な理由で食事に制限のある訪日客にも対応した食品が開発されています。

 有機お好みソースはこうしたインバウンド需要も視野に入れており、動物性の原料や化学調味料、アルコール原料が不使用です。

 そのためソースの原料は6種類の有機野菜や有機果実を使い、有機黒糖でコクとうま味を出しています。有機お好みソースは、ベジタリアンなどの国内需要だけでなく訪日客のニーズにも応える商品なのです。

 オタフクソースは今回の有機お好みソース以外にも、

  • ノンフライでヘルシーな「だしとうまみのサクサク天かす」
  • 同じくノンフライの「お好み焼にこれひとふり」
  • 保存がきく「乾燥紅しょうが」

などを同時に発売しています。

 これらの商品は日本語だけでなく英語でも表記しており、外国人の方でも安心して購入することが可能です。

 日本の庶民的な食品をインバウンド対応することで、長期的な滞在となる訪日客にも配慮しています。

ベジタリアンやヴィーガンのインバウンド対応について詳しく知りたい方は「インバウンド集客に必要なベジタリアンやビーガンへの対応とは?知っておきたいポイントや事例を解説」をご一読ください。

参考:https://news.nissyoku.co.jp/news/detailNewsFlash/?id=SXHAMAOKA20190228053223606

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  2. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  3. 宮城県がガイド検索サイトを新設。ガイドと利用者を結ぶシステムに注目

  4. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

  5. 山形県、2018年インバウンド受入延べ人数24万人を突破。チャーター便の運航などが訪日客の増加に影響…

  6. ANAとHuber.社が連携。国際交流やインバウンドプロモーションの強化につなげる

  7. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  8. 2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP