インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

バーコード読み取りの多言語対応アプリ「Payke(ペイク)」登場。沖縄のベンチャー企業が開発

訪日外国人が買い物をする際、従業員とコミュニケーションが取れなかったり、商品の情報がわからなかったりする問題があります。そのような課題を解決するツールとして、「Payke(ペイク)」というアプリが登場しました。

今回の記事では「Payke(ペイク)」および、その利用者の声をお送りします。

バーコードを使って商品情報を多言語表示

「Payke(ペイク)」は、バーコードを読み取ることで商品の情報を表示するアプリです。商品のバーコードをかざすと、

  • 英語
  • 中国語(簡体字・繁体字)
  • タイ語
  • ベトナム語
  • 韓国語
  • 日本語

で説明を見ることができます。

上野のアメ横商店街にあるドラッグストアでは、利用者の7割が外国人で、多言語への対応が課題でした。外国人スタッフを雇うなどして対応していましたが、コストがかかるという問題があります。

そこで「Payke(ペイク)」を導入したところ、コストを抑えることができました。訪日外国人からも「非常にいいと思います」といった好意的な声が上がっています。

沖縄のベンチャー企業が開発。商品のストーリーをぶつけて購買につなげる

「Payke(ペイク)」を開発したのは、沖縄のベンチャー企業であるPaykeという会社です。

同社のCEOである古田奎輔氏は、地元の名物であるちんすこうを、訪日外国人におすすめしても買ってもらえなかった経験があります。その際、ちんすこうが中国との貿易のお土産だったことなどを説明したところ、購入につながりました。

このような経験から、「商品のストーリーを消費者にぶつける」という思いを持ち、「Payke(ペイク)」を開発しました。同社は設立から5年で提携企業は1200社を超え、読み取り可能な商品は30万点を超えています。今後は海外への進出も考えているとのことです。

訪日外国人との言葉の壁を超えるアプリ「Payke(ペイク)」の今後に注目です。

アプリを使った多言語対応については「AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能」でも紹介しています。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00010000-wordleafv-bus_all&p=2

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 楽天グループ、プリペイドSIMカードと観光情報アプリを連動。インバウンド客のニーズに応える

  2. JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い

  3. 北関東3県がSNSを使ったインバウンド対策を開始。「脱日帰り」にむけてプロモーション

  4. 広島で「サムライショー」開始。殺陣と音楽を活かしたパフォーマンスでインバウンドを集客

  5. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

  6. 大阪で夜間の観光客を増やす取り組みが開始。最新技術を使ったコンテンツに注目

  7. 湯平温泉の旅館「山城屋」が公式HPをリニューアル。観光客に向けて旅館の雰囲気を動画で紹介

  8. 菅官房長官が二条城や伏見稲荷大社などを視察。インバウンド対策の拡大へ

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP