• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

妙高市、オーダーシステム「Putmenu」を導入し訪日客の利便性アップへ。注文や決済がスムーズに

 プットメニュー株式会社と株式会社ジャパンデザインは、新潟県妙高市の観光事業に携わる一般社団法人「妙高ツーリズムマネージメント」と連携。キャッシュレス化などを推し進めることを発表しました。

 この試みは、主に妙高市のインバウンド対策につなげるものです。同市内の様々な観光施設に、プットメニューが提供するオーダーシステム「Putmenu」を導入します。

 「Putmenu」では、

  • 支払いを円滑に行うキャッシュレス化
  • 世界中の訪日客に対応する多言語サービス
  • スムーズな観光を実現するオンライン注文や決済

などの様々なサービスを実現可能です。

 この施策を駅や宿泊施設などの街全体に告知することで、妙高市に訪れる国内外からの観光客にアピールします。施策を実施する3社は、利便性の高いサービスの提供と柔軟な対応で観光事業の消費拡大を目指す考えです。

「Putmenu」は施設の利便性向上が見込め、多言語にも対応

 今回の施策は、3社がそれぞれの強みを活かして妙高市を盛り上げます。その主な内容として「Putmenu」の導入が挙げられます。

 「Putmenu」は、飲食店などで利用者のスマートフォンから注文や決済、呼び鈴代わりとして利用可能です。これにより顧客はスムーズなオーダーができ、店舗としてもスタッフの注文やレジ業務を削減できます。

 さらに、お土産や名産品などを購入する場合にも、商品の選択や支払いをスマートフォンから実行できるのです。そのため待ち時間なく商品の受け取りができ、他の場所でじっくり観光する時間を作ることができます。

 観光地の周遊券を購入した際には、アプリ上で時限式のチケットを表示することが可能です。残り時間をすぐに確認でき、チケットの紛失するといったトラブル防止にもつながります。

言語は、

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字、繁体字)
  • 韓国語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語

など全12言語に対応。様々な国から訪れる外国人観光客に、正確な情報を伝えることができます。

 「Putmenu」は、妙高エリア内のスキー場や飲食店、道の駅や各宿泊施設など多くの場所に設置する予定です。

 今回の3社が連携して行うインバウンド施策により、訪日客の不満やコミュニケーション不足などの様々なニーズに対応しています。妙高市でインバウンド満足度の向上を目指します。

 それと同時に「Putmenu」の利用データからインバウンドの消費動向などを把握し、今後のプロモーションに役立てる見込みです。

企業の連携によるキャッシュレス化について詳しく知りたい方は「岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ」をご一読ください。

参考:https://www.hotelier.jp/inboundnews/service/20190311-001.html

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 株式会社JUTOUがオンラインセミナーを開催。中国越境ECの対策を伝授

  2. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  3. 秩父でキャッシュレス化を普及する動き。QR決済を観光施設や交通機関などに導入

  4. SNS映えを狙い、訪日外国人の熱中症対策で和傘の無料貸し出しを実施

  5. 訪日客向けアプリ「Payke」、プッシュ通知で災害情報の無償提供をスタート

  6. JTBがトリップドットコムと協業。中国市場に新たな旅行商品を提供

  7. サービス業界の企業が集まる「HCJ2019」開催。今年はインバウンド向けの設備や商品も充実

  8. 観光庁が水中アクティビティのガイドラインを策定。外国語対応や人材育成の強化でインバウンド対応を推し進…

【2019年3月最新版】外国人観光客の統計から見る観光市場のトレンド。さまざまな統計をもとに徹底解説

くら寿司が大阪にインバウンド向け新店舗をオープン。訪日外国人を意識した仕様に注目

PAGE TOP