Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

妙高市、オーダーシステム「Putmenu」を導入し訪日客の利便性アップへ。注文や決済がスムーズに

 プットメニュー株式会社と株式会社ジャパンデザインは、新潟県妙高市の観光事業に携わる一般社団法人「妙高ツーリズムマネージメント」と連携。キャッシュレス化などを推し進めることを発表しました。

 この試みは、主に妙高市のインバウンド対策につなげるものです。同市内の様々な観光施設に、プットメニューが提供するオーダーシステム「Putmenu」を導入します。

 「Putmenu」では、

  • 支払いを円滑に行うキャッシュレス化
  • 世界中の訪日客に対応する多言語サービス
  • スムーズな観光を実現するオンライン注文や決済

などの様々なサービスを実現可能です。

 この施策を駅や宿泊施設などの街全体に告知することで、妙高市に訪れる国内外からの観光客にアピールします。施策を実施する3社は、利便性の高いサービスの提供と柔軟な対応で観光事業の消費拡大を目指す考えです。

「Putmenu」は施設の利便性向上が見込め、多言語にも対応

 今回の施策は、3社がそれぞれの強みを活かして妙高市を盛り上げます。その主な内容として「Putmenu」の導入が挙げられます。

 「Putmenu」は、飲食店などで利用者のスマートフォンから注文や決済、呼び鈴代わりとして利用可能です。これにより顧客はスムーズなオーダーができ、店舗としてもスタッフの注文やレジ業務を削減できます。

 さらに、お土産や名産品などを購入する場合にも、商品の選択や支払いをスマートフォンから実行できるのです。そのため待ち時間なく商品の受け取りができ、他の場所でじっくり観光する時間を作ることができます。

 観光地の周遊券を購入した際には、アプリ上で時限式のチケットを表示することが可能です。残り時間をすぐに確認でき、チケットの紛失するといったトラブル防止にもつながります。

言語は、

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字、繁体字)
  • 韓国語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語

など全12言語に対応。様々な国から訪れる外国人観光客に、正確な情報を伝えることができます。

 「Putmenu」は、妙高エリア内のスキー場や飲食店、道の駅や各宿泊施設など多くの場所に設置する予定です。

 今回の3社が連携して行うインバウンド施策により、訪日客の不満やコミュニケーション不足などの様々なニーズに対応しています。妙高市でインバウンド満足度の向上を目指します。

 それと同時に「Putmenu」の利用データからインバウンドの消費動向などを把握し、今後のプロモーションに役立てる見込みです。

企業の連携によるキャッシュレス化について詳しく知りたい方は「岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ」をご一読ください。

参考:https://www.hotelier.jp/inboundnews/service/20190311-001.html

関連記事

  1. 楽天が兵庫県豊岡市と協定を締結。地域経済の活性化やインバウンド需要創出に意欲

  2. グローバルキャストと日本美食が業務提携。飲食業界のインバウンド対応を加速させる

  3. WAmazingがSIMカードの受取機を鹿児島空港に設置。全国の空港でも同様の取り組み

  4. 日本百貨店協会、インバウンド施策に「PinnAR」採用。画像スキャン機能で利便性を高める

  5. 台北発、鹿児島行きのチャーター便が2月運航。台湾からのインバウンド誘致で地方創生につなげる

  6. 福岡観光の活性化を担う福岡オープントップバスを「WEDDING CONCIERGE JAPAN」がフ…

  7. バーコード読み取りの多言語対応アプリ「Payke(ペイク)」登場。沖縄のベンチャー企業が開発

  8. 「忍者セグウェイ・ガイドツアー」を中部国際空港で開始。訪日客の関心を誘う

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP