Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

京王電鉄が訪日客向けの無料Wi-Fi接続支援アプリを導入。インターネット環境を整え旅行情報の発信も

 京王電鉄株式会社は、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する訪日客向けの無料Wi-Fi接続支援アプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を3月16日から導入しました。

 この試みにより、訪日客は京王線・井の頭線の各駅や列車内でWi-Fi接続が可能に。交通機関を利用する際の通信環境を整えます。

 近年、京王線などに訪れる外国人観光客が増えつつあります。Wi-Fiなどによるインターネット環境の充実は、利用客のニーズに応える重要な要素です。

 快適でスムーズな観光を提供できるよう、京王電鉄はインバウンドの受け入れ体制を強化します。

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は訪日客に最適な旅行情報を4ヶ国語で届ける

 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、AndroidやiOSに対応した訪日客向けのWi-Fi接続支援アプリです。

 言語は、

  • 英語
  • 中国語(繁体字、簡体字)
  • 韓国語
  • タイ語

の4ヶ国語に対応。世界の公用語である英語から、アジア圏を中心とした言語で構成されています。

 主に、

  • 空港
  • 飲食店
  • 観光地

などを中心に日本全国20万ヶ所以上のアクセスポイントへ自動接続することが可能です。

 これにより、訪日客が知りたい旅行に有益な最新情報をすばやく発信。「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」で、訪日客に対して効果的にアプローチできます。

 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、アプリを配信開始してから外国人のみで累計250万件以上の利用実績があります。現在もアジアからのユーザーをメインに、着々と利用者数が伸びているのです。

 そして利用したデータから、

  • 訪日客の動向を可視化
  • インバウンドマーケティングの改善
  • データとユーザーの位置情報を使った最適な情報の配信

などを実現することが可能なのです。

 今回の施策では京王線や井の頭線全駅で利用できますが、一部の列車内では普及していません。そのため2019年度中をめどに、全列車で利用できるよう設備を整える予定です。

 京王電鉄は、2014年12月から訪日客向け無料Wi-Fiサービス「KEIO FREE Wi-Fi」を導入し、2018年7月に提供エリアの拡大などを実施しています。

 今回の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」でさらに充実した通信環境を整え、訪日客の利便性を向上。快適な旅行を提案することで、インバウンドの満足度アップを図ります。

Wi-Fi環境の整備も行う東武鉄道のインバウンド対策について詳しく知りたい方は「東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?」をご一読ください。

参考:https://www.kankokeizai.com/%E4%BA%AC%E7%8E%8B%E9%9B%BB%E9%89%84%E3%80%81%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E5%AE%A2%E5%90%91%E3%81%91%E7%84%A1%E6%96%99wi-fi%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%A2/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. クーポン掲載開始】香港人気最大級、訪日インバウンドメディア「LIKEJAPAN」(ライクジャパン)上…

  2. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

  3. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  4. JTBとラオックスが業務提携。訪日プロモーションで企業や自治体などを支援

  5. 大阪万博に向けて進む夢洲付近の都市開発。継続的なインバウンド効果を狙う

  6. 阪急阪神百貨店が「WeChat Pay」との連携を発表。利便性を高め訪日中国人客を呼び込む

  7. ANAグループのANA総合研究所などが13社が参画して、「地域創生インバウンド協議会」を設立。 イン…

  8. 電子雑誌「旅色」の台湾版、長野県安曇野市を特集。地方のインバウンド集客を図る

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP