インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

京都市観光協会がインバウンド向けの桜情報サイトを開設。Visaの体験プランと結びつける

 京都市観光協会は、訪日客向けに桜の開花情報を発信する専用WEBページ「Kyoto Cherry Blossom Watch」を開設しました。

 この専用ページは、京都市の訪日観光客向けのオフィシャルサイト「Kyoto City Official Travel Guide」の中に作られた桜開花情報ページです。

 主に、京都市内の約50ヶ所ある桜の開花スポットを記載。3月20日から運用を開始しており、2日に1回をめどに情報を更新していく見込みです。

 また同ページ内には、Visaで開設中のキャンペーンサイト「KYOTO×Voyagin」にアクセスできるようになっており、桜スポットの体験型プランに誘導することも目的としています。

桜の開花情報とお得になる体験プランで訪日客を誘致

 「Kyoto Cherry Blossom Watch」は、英語で表記された京都全域のマップに桜の開花状況がわかるイラストを表示。どこに桜が咲いており、どれくらい開花しているのかが一目見れば把握できます。

 マップは、

  • 京都中心部
  • 京都郊外
  • 京都北部
  • 京都南部

などの合計7エリアで細分化しています。エリア名をクリックすると、その地域の詳しい情報をGoogleマップで確認することが可能です。

 そしてページの中程には、Visaのキャンペーンサイト「KYOTO×Voyagin」にアクセスできるリンクがあります。

 このキャンペーンサイトは、Visaが運営する訪日観光客向けの情報発信サイト「Visit Japan with Visa」で開設しているもの。

 主に、

  • 大原エリア
  • 京北エリア
  • 高雄エリア
  • 西京エリア

といった4つのガイド付き体験型プランの販売促進につなげることが目的です。

 大原エリアは桜が咲き誇る三千院の庭園散策などが行え、京北エリアでは北山杉を使用したオリジナルバスの制作体験が楽しめます。

 高雄エリアにおいては、特選和牛しゃぶしゃぶを堪能したり露天風呂体験、西京エリアでは電動アシスト自転車に乗りサイクリングツアーなどの体験が可能です。

 いずれのプランもVisaカードで決済を行うと、5%割引になる特典が用意されています。

 主に外国人が日本に訪れる理由の1つとして、「桜や紅葉などの自然」が挙げられています。特にこの時期は桜の開花に合わせて、花見を体験するために来訪する訪日客も多いです。

 その需要をうまく活用するため京都市観光協会は、スムーズな桜の開花情報の提供と体験プランへの誘導を実施。インバウンド満足度アップや京都市の観光事業の活性化を図ります。

桜のインバウンド需要が高い理由について詳しく知りたい方は「桜のインバウンド需要が高い5つの理由とは?訪日外国人の増加にそなえて、地方でもインバウンド対策を」をご一読ください。

参考:https://honichi.com/news/2019/04/01/visaxkyotoxsakura/

PR:旅マエの旅程検討者にリーチ

旅マエ PR

ANAの媒体を使って航空券購入者へ街やお店の魅力を直接訴求します。

関連記事

  1. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  2. 週末は、話題の<秋田>でギュギュっとしよう♪ギュギュっとあきた!週末イベントリレー開催!

  3. チェス×有田焼。価格をおさえた普及版で伝統工芸産業を盛り上げる

  4. AIによるSNS分析でインバウンド対策。観光庁が滋賀県で実施

  5. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  6. 近畿日本ツーリスト×島根県観光キャラクター「しまねっこ」コラボレーション企画「しまねっこのご縁たび♪…

  7. 免税電子化アプリをPARCOが導入。アプリ1つで免税手続きが可能に

  8. 新潟県の病院が遠隔通訳による実証実験を開始。スキーシーズンなどの局所的なインバウンド対策を実現

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP