Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

北海道運輸局がインバウンド向けのガイドラインを作成。災害時の支援に活用

北海道運輸局は、大規模災害が発生した際に、外国人に必要な情報を提供するためのガイドラインを作りました。

今回の記事では、北海道運輸局の取り組みについてお送りします。

情報をスムーズに提供し、外国人の避難や移動をサポート

今回の取り組みは、災害時に外国人に情報を提供し、移動や避難をサポートすることを目的としています。

昨年9月の北海道胆振東部地震では、全道の停電が発生しました。その際、外国人や観光客に情報が届かず、行き場を失うという事態に。こうした状況をうけて、外国人に多言語で情報を提供することが課題になっていたのです。

運輸局は、大学や観光機関と協力してガイドラインを作成。3月上旬には各機関や観光客に情報を伝達する検証訓練を実施しました。すでにセミナーも開き、災害時には運用できる態勢が整っています。

ガイドラインの対象範囲は北海道全域で、大規模災害で外国人や観光客の移動が困難になったときに運用します。

4カ国語でテンプレートを作成

観光関係の機関では、あらかじめ定められた項目の情報を運輸局に報告します。運輸局は、それをもとにテンプレートを作成しました。

このテンプレートは、

  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(簡体字、繁体字)

の4カ国語で作成されています。交通機関の運行状況や避難所の開設状況は「◯」で示しており、ホームページやSNSでも情報を公開する予定です。

外国人観光客は当然ながら地理や言語に不慣れなので、災害時にはガイドラインを通じたスピーディな支援が求められます。

外国人向けのガイドラインを作成する取り組みは、他の機関でも活かせる点があります。気になる方は、北海道運輸局を参考にしてみてください。

災害時のインバウンド支援については「政府や交通機関の「災害対策のススメ」。インバウンド向けの多言語対応やBCP促進により自然災害に備える」でも紹介しています。

参考:https://www.kankokeizai.com/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E9%81%8B%E8%BC%B8%E5%B1%80%E3%80%81%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E7%81%BD%E5%AE%B3%E7%99%BA%E7%94%9F%E6%99%82%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9/

PR:旅マエの旅程検討者にリーチ

旅マエ PR

ANAの媒体を使って航空券購入者へ街やお店の魅力を直接訴求します。

関連記事

  1. VISAが国内でのタッチ決済を本格化。訪日客も視野に入れてキャッシュレス推進へ

  2. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  3. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  4. 松山空港ビルがインバウンド集客に向けて改装。免税店の拡充や電子決済サービスの導入を予定

  5. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  6. JTBが2019年の訪日客数を3,550万人と予測。ラグビーW杯などでさらなる追い風に

  7. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  8. Loco Partnersが国慶節のインバウンド旅行動向を調査。利便性の高い地域や施設に人気が集まる…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP