Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

観光庁が口コミで広がる人気観光スポットを発掘。SNSの画像や書き込みをAIで分析

 観光庁は、外資系コンサルティング企業「アクセンチュア株式会社」のAIを活用して、国内の隠れた人気観光スポットの発見に乗り出します。

 これは2020年のインバウンド目標である訪日外客数4,000万人に向けて、旅行商品のバリエーションを増やそうとする試みです。

 先日、新元号の「令和」が発表され日本中が盛り上がる中、観光庁はインバウンドマーケティングにおいても新たな施策で事業の活性化を図ります。

SNSの画像や書き込みを分析できるAIで、観光スポットを発掘

 観光庁は、AIを活用することで国内外の観光客が利用する会員制交流サイト(SNS)などの書き込みを分析。観光客の間で注目されているスポットを探し出します。

 主にリサーチするのは、自治体や旅行業者が認知できていないような観光地です。旅行商品として認知されていない場所を特定することで、新たな観光プランを打ち出すことができます。

 過去の事例でも、

  • 富士山と五重塔が美しい「新倉山浅間公園」:山梨県富士吉田市
  • 日本海へ123基の鳥居が連なる「元乃隅神社」:山口県長門市

などはインスタグラムに投稿された画像から、世界中に拡散され訪日客への知名度が高まりました。

 そのため観光庁は、SNSに投稿された画像や書き込みを分析できるアクセンチュアのAIを利用。知名度は低いが、訪れた観光客の目にとまった地域や施設をSNSから抽出しリスト化します。

 さらに、該当スポットが旅行商品に向いているかなどの調査結果をアクセンチュアがまとめ、10月に観光庁のWEBサイトで公開する予定です。

 令和2年(2020年)は、東京オリンピックが開催されるため数多くの訪日客が予想されます。その際に、日本を観光しようと考える外国人客も多く、様々な観光地の需要も増加するはずです。

 施設や地域の観光客が増えすぎると、交通機関が混雑したりと様々なトラブルが発生することもあります。そうした懸念事項を防ぐためにも、新たな観光地の発掘は必要になるのです。

 観光庁は、テレビなどのマスメディアに変わり情報拡散の主流になりつつあるSNSを利用し、観光事業の活性化に努めます。

AI技術を活用したその他のサービスについて詳しく知りたい方は「富士通、AI技術による訪日客向け旅行先提案サービスを開発。1月より実証実験スタート」をご一読ください。

参考:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190403/mca1904031332009-n1.htm

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. オンラインでインバウンド業務を学ぶ。「インバウンドリーダー」に注目

  2. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  3. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  4. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  5. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  6. コカ・コーラ「着物デザイン自動販売機」を北海道に設置。SNSでインバウンド観光をアピール

  7. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  8. 函館の観光バスツアーを遺愛女高生が体験。訪日客の通訳ボランティアに活かす

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP