インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

北海道新聞がビーボットの販売を開始。AIによるコンシェルジュサービスに注目

北海道新聞は、旅行サービスのビースポークと業務提携しました。そして同社のコンシェルジュサービスである「ビーボット」の販売業務を担います。

今回の記事では、ビーボットに関してお送りします。

スマートフォンのチャットで宿泊客からの質問に回答

 
ビーボットは、AIで利用者からの質問に答えるサービスです。スマートフォンのチャットで質問すると、施設に代わって回答してくれます。人手不足を解消するために開発されました。

館内サービスに関する問い合わせや、飲食店の予約も可能です。JR東京駅やニュー・オオタニでも導入されており、利用者はQRコードの読み取りやWi-Fiに接続するだけで利用できます。

言語は英語と中国語に対応しており、外国人旅行者でも安心して利用できるようになっています。

機械的ではなく、人間らしさを出すことを考えて開発

ビーボットに質問をすると、「どこがいいか考えています」といった返事がかえってくることがあります。これは、人間らしさを出すために工夫されたポイントです。同サービスは、温かい自然なコミュニケーションをすることを目指して開発されました。

東京のベンチャー企業が開発したサービスですが、すでに1日に35000人が利用中です。導入を始めたのは17年の春ですが、導入企業の解約はゼロで、高水準なインフラであることがわかります。

自然災害が多くなったことをうけて、9月からは災害情報の提供をはじめました。コンビニで傘が売っているのは、日本では当たり前のことです。しかし、外国人にとってはそうではありません。急な豪雨などの際、そういった情報を提供するだけでも、外国人旅行者にとっては救いになるのです。

外国人旅行者向けにAIで情報を提供するビーボット。気になる方は、利用してみてはいかがでしょうか。

AIを利用したインバウンド対策については「藤田観光がAIによるコンシェルジュを導入。「ホテルタビノス」1号店で設置」でも紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO4324131002042019L41000/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 免税電子化アプリをPARCOが導入。アプリ1つで免税手続きが可能に

  2. 週末は、話題の<秋田>でギュギュっとしよう♪ギュギュっとあきた!週末イベントリレー開催!

  3. 青森市、ねぶた祭に合わせて無料Wi-Fiなどのインバウンド対応を実施

  4. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  5. 訪日客に「サムライ体験」を。山形県村山市が「居合道観光体験プログラム」を作成

  6. インバウンド向けのレンタカーサービス開始。観光施設との連携で新たなサービスを展開

  7. アイスタイルが国や地域をまたいで閲覧できる口コミサイトを開発。新しい取り組みに注目

  8. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP