インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

様々な業界でインバウンド向けの多言語対応や通訳サービスなどを実施。東京五輪に向けて各社が競う

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて日本企業の各社は、様々な業界でインバウンド対応を推し進めています。

 具体的には、

  • 商品や交通案内などの多言語対応
  • 海外の口コミサイトから日本の飲食店が予約可能に
  • 駅や路線名をアルファベットと駅番号でわかりやすく表示

などです。

 主にインバウンド対応は、訪日客が快適に旅行できるよう整備するもの。しかし、企業にとってもコスト削減や利益が見込めるなどのメリットが多いです。

 そこで今回は、

  • インバウンド需要の拡大
  • 訪日客の受け入れ体制を強化
  • 満足度の向上

などを目的とした企業が打ち出す様々な施策についてご紹介します。

小売店業界は商品の英語表記などで購入しやすい店舗環境を作る

 マツモトキヨシホールディングスは、自社が提供するプライベートブランド約2,000種類の商品名を2020年までにすべて英語で併記する予定です。

 特に利用目的がわからないと使いにくい医薬品は、説明欄も英語で記載し訪日客が買いやすくします。

 ドラッグストアのココカラファインでは、訪日客の来店が多い10店舗に専用のタブレット端末を導入。この端末からはテレビ電話による通訳が可能で、外国人客からのお問い合わせに答えます。

 言語は、

  • 英語
  • 中国語
  • ロシア語

などの計10ヶ国語に対応しており、一部の店舗では自動翻訳機の試験運用をスタートしています。

交通機関は多言語対応などで訪日客の快適な移動を提供

 交通機関である京浜急行電鉄は、トラブルなどで電車の運行に異常が発生するとWEBサイト上でお知らせするサービスをスタート。

 主に、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語

の3言語に対応しています。

 また、鉄道事業者で初めて全駅にバイリンガル機能を搭載した新型AEDを導入しており、緊急性の高いものに着目したインバウンド対応を実施しているようです。

 そして東京メトロでは、海外では一般的な「あと何分で電車が到着するのか」という時間を表示板に記載。JR東日本でも新型表示器を採用し、駅名と路線名をアルファベットと駅番号で表示する「駅ナンバリング」を少しずつ導入しています。

 日本の各企業が多言語化などのインバウンド対応を推し進めている中で、今年はラグビーW杯も開催。今後の訪日客数に期待が高まります。

インバウンド向けの設備や商品が展示されているサービス業界の展示会について気になる方は「サービス業界の企業が集まる「HCJ2019」開催。今年はインバウンド向けの設備や商品も充実」をご一読ください。

参考:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO42523030V10C19A3EA4001/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. Trip.comグループが世界中に計400万枚のマスクを寄贈。日本の自治体などにも10万枚が送られる…

  2. 観光庁がコロナウイルスの対策と終息後の振興策を発表。風評被害の払拭などに向け活動

  3. 高尾山に初となる宿泊施設がオープン。国内外から幅広く訪れる登山客や観光客の利便性を向上

  4. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

  5. 佐川急便が東京観光情報センター内で新サービスを導入。外貨両替サービスと乗車券の販売を実施

  6. 日本で1人1,000円の出国税がスタート。税金は旅行環境の整備やインバウンド誘致のために

  7. JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目

  8. 免税手続きが電子化へ。インバウンド客の利便性アップ、不正防止に期待

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP