Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

株式会社アクティバリューズは、AIチャットボットである「talkappi(トーカッピ)」を、東急ホテルズ所属の大阪東急REIホテルに導入しました。

今回の記事では同社の取り組みと、talkappi(トーカッピ)に関してお送りします。

自動応答だけでなく、マーケティング支援も可能な新サービス

アクティバリューズは、多言語コミュニケーションに関するソリューションや、人工知能技術の活用を専門とする会社です。

同社が開発したtalkappiは、ホテルのゲストがスマートフォンから使えるチャットボットです。問い合わせへの対応や受付などを、AIが対応します。

LINEやFacebookなどのSNSはもちろん、中国で主流のWeChatでも利用可能です。

言語も5カ国語に対応しています。日本人だけでなく、インバウンド客の利便性も高めています。

同サービスは、マーケティングにも対応しています。お客様のお問い合わせ内容を自動的に判別し、予約前だった場合、自社の予約サイトに誘導することが可能です。

導入する場合は、月額料金が2万円からです。自社専用のボットを開発することもでき、その場合は料金はアクティバリューズと相談して決めます。

Hotel Villageや草津温泉などで導入

同サービスは、すでに多くの企業や自治体が導入しています。

  • Hotel Village
  • 草津温泉
  • 高知市

など、インバウンド対策に力を入れているホテルや自治体が利用中です。

多言語コミュニケーションに関するソリューション提供は、インバウンド誘致による地域活性化にもつながります。

多言語対応に興味のある方は、talkappiの導入を検討してみてください。

talkappiの導入事例については「多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足も解消」で紹介しています。

参考:https://www.excite.co.jp/news/article/Hounichi_5-kakoku-go-ni-t/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 日本各地で実施される学生のインバウンド向けガイド。地域の魅力を伝える案内で訪日客をおもてなし

  2. 宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加

  3. 丸の内にある訪日客向け総合観光案内所がリニューアルオープン。インバウンド対策の強化を図る

  4. 羽田空港が3月から新ルート運用。訪日外国人の集客が狙い

  5. 静岡でインバウンド客向けのタクシーツアーが開始。アプリでの観光案内などを実施

  6. 国土交通省などが提供する訪日客向けのETC乗り放題プラン。インバウンドの二次交通利用を促進

  7. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  8. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP