Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

ナビタイムジャパン、ナイトタイム観光を推進するWebメディアの運営開始。訪日客に夜の遊びを発信する

 交通機関のナビゲーションアプリなどを提供する株式会社ナビタイムジャパンは、ナイトタイム観光情報を訪日客へ発信するWebメディア「NOCTIVE(ノクティブ)」の運営を開始しました。

 これは日本政府観光局(JNTO)より受託した「2018年度ナイトタイム観光のコンテンツ化および情報発信による訪日旅行促進事業」の一環です。

 この事業は居酒屋やバー、クラブといった日本のナイトカルチャーにおける認知度を高めるための施策で、訪日客へその魅力を発信することでインバウンド需要の拡大につなげます。

 ナビタイムジャパンは「NOCTIVE」を発信源として、訪日客に日本での夜の遊びを伝えることが狙いです。

観光ガイド記事や他のメディアとの連携で充実したコンテンツを提供

 「NOCTIVE」は日本全国のナイトタイム情報を掲載し、様々なアプローチで訪日客の興味関心をひきます。

 具体的には、

  • 観光ガイド記事を英語で配信
  • 夜の施設を紹介
  • 他のメディアと連携

などです。

 作成する観光ガイド記事は、外国人ジャーナリストやフォトグラファーを起用しクオリティの高いものに仕上げます。さらに外国人目線での内容になるため、訪日客に向けた共感性の高い記事になるのです。

 夜の施設紹介では、居酒屋や横丁といった飲食店街や夜間の観光ツアー、クラブなどのナイトタイム観光情報を記載。どこの地域に行けば何が楽しめるのかを、事前に知ることができます。

 そしてクラブカルチャーや音楽などに興味のある人が利用する「mixmag(ミックスマグ)」や「Resident Advisor(レジデント・アドバイザー)」といったメディアと連携。共同でのプロモーション体制を整えます。

 さらに今後は、

  • イベントや体験コンテンツのチケット販売機能
  • 営業時間などのスポット情報
  • 店舗までのルート案内機能

なども搭載。充実した情報コンテンツを掲載し、訪日客にスムーズなナイトタイム観光を提供します。

 公益社団法人である日本交通公社の調査では、日本は旅行先として高い評価を得ているものの、まだまだ不満点は存在する結果です。そしてその中には「ナイトライフを楽しめていない」こともあります。

出典:公益社団法人 日本交通公社「DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(平成28年版)」https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2016/10/DBJJTBF-report1-28.pdf

 今回のナビタイムジャパンが行う施策のように、政府や企業などはまだまだ未開拓の分野を訪日客に広めて、インバウンドの活性化を図っていくことが求められます。

インバウンドに関連したナイトライフについて詳しく知りたい方は「ナイトライフとは?インバウンド市場発展のカギを握る「夜の観光」について解説」をご一読ください。

参考:https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/pickup/31476/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. VISAが国内でのタッチ決済を本格化。訪日客も視野に入れてキャッシュレス推進へ

  2. 観光庁、インバウンド対応をする宿泊施設のサポート強化へ。支援を利用する事業者の拡大を図る

  3. 東京モノレール周辺で訪日客の「旅ナカ」を支援する実証実験が開始。アプリやシェアリングサービスを利用

  4. 越境ECで日本製品をリピート購入した中国人は40%!リピート購入する理由とは一体何?

  5. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  6. 成田国際空港でインバウンド向け動画を放映。壁に映像を流し、日本の魅力をアピール

  7. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  8. メイドカフェキャストの頂点を決めるコンテストが開催。英語による接客項目でインバウンドも視野に入れる

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP