Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

中国人向けビザをオンラインで発給するサービスを導入。業務軽減と訪日客増加を期待

政府は5月より、中国人観光客のビザをオンラインで受け付ける仕組みを導入すると発表しました。

今回の記事では、中国人観光客向けのオンラインビザに関してお送りします。

東京五輪に向け、訪日観光客の増加を目指す

これまでのビザでは、旅券にシールを貼るなどの作業がありました。それらを廃止してオンラインにすることで、業務の効率化と経費の削減が見込まれます。削減される経費は約5億円にのぼると推計されました。

オンラインのビザの対象は、1回限り有効の短期滞在です。旅行会社を通じて申請し、北京の日本大使館が発券します。2020年の4月までに、上海や広州などの総領事館でも対応可能にする予定です。

ビザ情報は、入国管理局や旅行会社とオンラインで共有します。昨今は様々な場面でオンラインを有効活用した試みが見られますが、今回のオンラインビザはなかでも画期的な取り組みです。

このような対応をすることで、訪日観光客の増加を見込んでいます。

なお政府は2020年までに訪日客を4000万人にすることをゴールに設定しています。今回のオンラインビザを導入することで、その目標が達成しやすくなるはずです。

背景にはビザ業務で発給が遅れる懸念も

2015年に中国人ビザの発給要件を緩和して以来、訪日外国人は中国人がトップです。その結果、ビザ業務で在外公館の負担となり、発給が遅れる懸念がありました。オンラインビザの導入で、少しでも業務を軽減することも目的です。

オンラインを利用することで、従来の業務を削減し、訪日客を呼び込む今回の取り組み。他の業種や業界にもオンライン化の波が広がり、インバウンド客の増加に一役買うことになると予想されます。

訪日外国人のビザについては「ビザ申請代行とは?外国人雇用に欠かせない就労ビザを代理申請するおすすめサービス12選」でも紹介しています。

参考:https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190429-OYT1T50152/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 山陰インバウンド機構が旅程作成サービスの提供を開始。訪日客の観光をサポート

  2. ホームシェアリング施設「SAKURA」がオープン。ユニークな空間で国内外からの顧客を呼び込む

  3. ACDとQFPay JapanがQR決済プラットフォームの連携などで基本合意。インバウンド対策や暗号…

  4. 安芸市が書道を体験できるモニターツアーを実施。日本の心を訪日客に伝える

  5. そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

  6. 富士見町開発合同会社とヒルトン、運営契約を締結

  7. 「八王子まつり」山車情報を多言語化したサービスを提供。IoTやGPSを利用した情報発信で地方創生へ

  8. 長野県の平戸城が宿泊施設に改修。政府は「城泊」を推進、インバウンド集客につなげる

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP