宮城交通が高速バスに車内Wi-Fiを導入、インバウンド客の利便性向上を図る

宮城交通(仙台市)は5月21日、オリジナルの公衆無線LANサービス「MIYAKO Free wi-fi(ミヤコフリーワイファイ)」の提供を一部の高速バス路線で始めました。高速バスの車内でもインターネットを快適に利用できるようにし、訪日外国人旅行者(インバウンド)らの利便性を高めるのが狙いです。

今回車内Wi-Fiを導入した路線は、

  • 石巻・仙台-渋谷・新宿
  • 仙台-名古屋
  • 仙台-京都・大阪

の3路線で、スマートフォンやタブレット端末などの対応機器があれば無料で利用できます。

今後は発着拠点の仙台高速バスセンターや、東北各地や宮城県内の都市間を結ぶすべての高速バス路線へサービスを拡大させ、待ち時間と乗車中に連続してインターネットを利用できる環境を目指すとのことです。

インバウンドにとってもメリットが多い高速バス

これまで、訪日外国人旅行者が長距離区間の移動に使う交通手段は、主に「飛行機」と「新幹線」でしたが、徐々に「高速バス」の利用が増えています。

訪日外国人旅行者にとって高速バスを使うメリットは、

  • 費用が安い
  • 宿泊代が浮く

の2つ。

高速バスは飛行機や新幹線と比べると、費用が安いのが特徴です。都市間を結ぶLCC(格安航空サービス)も普及し始めましたが、高速バスがカバーする路線数には及びません。その上、夜間の長距離移動であればホテルに泊まる必要がなく、宿泊代が浮くメリットもあります。

このような背景から2016年、日本全国59社の高速バス事業者が提携して「JAPAN BUS LINES協議会(JBL協議会)が設立されました。JBL協議会は、訪日外国人向けホームページ「JAPAN BUS LINES」を開設し、国籍を問わずに高速バスを利用できる環境の整備に努めています。その他にも定額で乗り放題の「高速バスフリーパス」や、バス設備に特化したピクトグラム(絵文字)や翻訳ガイドラインについても整備を進める方針です。

訪日外国人旅行者にとって高速バスが、より利用しやすく身近なものになれば、日本を訪問先として選んでもらえる可能性はますます高まります。高速バスを普及させる取り組みは、今後の訪日観光を盛り上げるためにも重要なアクションと言えます。

参考:https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180522_12006.html

関連記事

  1. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  2. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  3. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  4. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  5. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  6. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

  7. 2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

  8. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP